デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

理想のサッカー日本代表

こんにちは。

 

デュナミスです。

 

3月24日には、サッカー日本代表のVSアフガニスタン戦が行われます。

 

なので、ブログを執筆している現在、サッカー熱が高まっています。

 

なので、最近思ったサッカー日本代表に関することを書きたいと思います。

 

単刀直入に言うと、最近の日本代表はフォーメーションを4-2-3-1に固執しすぎだと思います。

 

ハリルホジッチ監督は、「縦に速いサッカー」が足りていないと言って、意識づけをしていますが、個人的には4-2-3-1は「縦に速いサッカー」には向いていないのでは?と思うことがあります。

 

4-2-3-1というフォーメーションは美しいくらいに選手と選手の間隔がどこもほぼ等しくなるように設計されています。

 

そのため、パスが回しやすいです

 

パスが出しやすい反面、CFWが一人で、CFWの両隣が空きやすいという特性があります。

 

そのため、CFWを狙ったパスはCFWを囲む敵に阻まれることが多いです。

 

それを知っているので敵がCFWのマークを外した一瞬を狙ってパスを出さないと、CFWの足には収まりにくいのです。

 

敵もそれを承知しているので、CFWに対してCBやDMFがマンマークでCFWにくっつく場合が多いです。

 

そうすると、マークを外すために横へ揺さぶるのが日本のサッカーです。

 

横へ揺さぶれば、マークしている人に隙が生まれ、パスが通ると考えるからです。

 

それも敵のDFは知っているので、なかなかマークが剥がれません。

 

従って、このような駆け引きの所為で横パスが増えるのです。

 

 

 

解決策は簡単です。2トップにすれば良いのです

 

1トップはDFが的を絞りやすいという欠点があります。

 

2トップにすれば、一人がマークされている間にもう一人がパスを受ければ良いのです。

 

2トップの2人がマークされていても隙が生まれる確率が単純に1トップの時の2倍、つまり、チャンスが2倍になるのです。

 

2トップは環境にぶっ刺さっているのです

 

そうやって2トップで快進撃を続けたチームがあります。

 

 

 

それは、今期のレスターです。

 

シーズン開始前は、降格候補の筆頭だった小さな町の小さなクラブだったのに、蓋を開けてみれば現在プレミアリーグの首位です。

 

そのレスターで快進撃を支えている日本人と言えばあの岡崎慎司なのです。

 

岡崎慎司が動き回り、相手DFの注目の的になることによって、その後ろで控えてヴァ―ディがゴールをかっさらっていくのです。

 

それを日本代表に還元できないかと考えれば、日本代表もレスターと同じフォーメーションにしたらどうかと思います。

 

なので、レスターと同じ4-4-2という布陣で日本代表をカスタマイズしてみたいなと思います。

 

 

 

FW        武藤嘉紀  岡崎慎司

MF  原口元気  柏木陽介  山口蛍  本田圭佑

DF  太田宏介  吉田麻也  森重真人  長友佑都  

GK           西川周作

 

 

 

このチームの勝筋は、サイドからのクロスを岡崎が当てて、武藤が押し込む流れを作ることです。

 

 

まず、このチームでは、岡崎が前線でハードワークをして、起点になります。

 

そこに、良質なクロスを岡崎の元へ送ります。それを相手のDFは岡崎をマークしているので、岡崎は押し込もうと努力します。

 

 

大概は相手のDFが掻き出そうとするので、そのこぼれ球を武藤が押し込みます。

 

 

 

つまり、武藤はヴァ―ディのような役目を担ってもらいます。

 

 

 

また、各ポジション、ハードワークしそうな人選です。

 

 

 

注目は、RSHの本田圭佑です。

 

ACミランでも攻守のハードワークと良質なクロスからのチャンスメークはセリエA屈指の選手です。

 

 

LSBに太田宏介、RSBに長友佑都を配置した理由は、LSBに左利きで日本屈指のクロッサーと呼ばれる太田を配置し、武藤との元FC東京のホットラインによる得点を期待したもので、RSBは、内田篤人が優秀であるが、試合に長らく出れていない影響を考慮し、長友佑都セリエAにおいて、左右高いレベルでこなすことができることが証明されているからです。

 

 

DMFに山口蛍を起用した理由は、長谷部があまり最近このポジションで活躍で来ていない事と、山口のボール奪取能力を評価してのものです。

 

 

CBは、ヘディング能力とフィードの上手さから、槙野ではなく、森重を選びました。

 

 

柏木は前線への正確なパスから武藤の速さとドリブル能力を引き出すのではないかと考えたからです。

 

 

LSHは、宇佐美を推す声が多いが、個人的には、ハードワークとオフザボールの動きにまだまだ課題を感じたため、コンセプトと合わないと考え、コンセプトと合致するのは、ヘルタで活躍している原口が良いと思ったからです。

 

 

GKは、フィードが正確な西川がチャンスメイクで必要だからです。確かに、パンチング能力とかGKとして必要な能力は川島の方が上かもしれません。しかし、強いチームと戦った時にワンチャンスをものにできるかできないかで試合が大きく動くことがあります。その時に、西川のフィードからチャンスがものにできたら勝てると私は思います。もちろん、西川にもGKとしての安定したセーブと言う強みがあるので、必ずしも守備能力で川島に劣るとは思いません

 

 

武藤は現在けがの影響で試合に出られていないので、現時点では不可能かもしれませんが、武藤が復帰したら、この布陣を代表で試してもらいたいです。

 

 

おそらく、この布陣は、各上の相手に勝ちに行くことが目的なので、アジア最終予選とか、ヨーロッパとの親善試合とか、ひいては、W杯で使われるといい感じに勝てるのではないかと思います。

 

 

ちなみに、4-4-2は中盤にスペースが生まれやすいので、そこを意識しないと勝てない相手には、武藤または岡崎を下げて、香川真司を投入します。

 

そうすれば、香川真司をトップ下に据えた4ー2ー3ー1が出来上がり!!!

 

サブオプションとしての4ー2ー3ー1という事で、4ー4ー2では対処出来ない相手なら、そういうフォーメーション変更はありなのかもしれません。

 

 

 

フォーメーションはじゃんけんみたいなものだから、不利な時もあるんだよね。

 

 

 

まあ、アイデアの1つとして、4ー2ー3ー1に固執しないでほしいという願いを込めたデュナミスの備忘録でした。

 

 

 

今回はこの辺で許してあげます。

 

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする