デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

トップ下の香川清武論争

こんにちは。

 
デュナミスです。
 
 
 
先日のサッカー日本代表アフガニスタン戦を見ていて思った事があります。
 
 
 
日本のスポーツ紙は、香川と清武を同じタイプのプレイヤーで、今回は清武の方が良かったと言う言い方をする人が多かったように思います。
 
 
 
実際、香川も清武も10番の位置(トップ下)でプレイする事を得意としています。
 
 
 
 
しかし、香川と清武には大きなプレイの違いがあると思います。
 
 
 
 
 
 
まず、アフガニスタン戦で4ゴールに絡んだ清武ですが、リズムを作るプレイが得意なように見えます。
 
 
 
 
ハノーバーのプレイでもわかるように、チームのリズムを生み出し、ゴールに絡むプレイをしています。その結果として、アシストであったりゴールを記録しているのです。
 
 
 
 
 
実際、アフガニスタン戦でも、清武が攻撃のタクトを振り、時にはボールを止め、時には動かし、相手を揺さぶりながらプレイをしていました。
 
 
 
 
いうなれば、イメージ通りの一般的な10番プレイヤーです。
 
 
 
 
なので、ポジションをLSHやRSHにずらしてもリズムを作ることが出来るのです。そのため、ユーティリティプレイヤーとも呼ばれてしまう性格も併せ持っています。
 
 
 
 
 
 
 
一方、香川は、リズムを作るプレイをする10番ではないとプレイを見て思います。
 
 
 
 
香川は他人が作ったリズムを活かす選手なので、リズムを作るのではなく、他人が作ったリズムを利用するタイプのプレイヤーです。
 
 
 
 
 
特に、ドルトムントの中でファンタスティック4と呼ばれているときの香川は、他の選手が作ったリズムを利用し、ワンタッチのプレイでオーバーメヤンであったり、他の選手にパスを回していくタイプである事がわかります。
 
 
 
 
 
なので、ポジションをサイドなどに変えてしまうと、受けるパスの質が変わってしまうので、ポジションに順応できず、10番でしかプレイできないとか、10番特化とか言われてしまうのです。
 
 
 
 
また、日本では、香川はドリブラーという認識が強いみたいですが、香川はドリブラーではなく、リズムの中でのパサーなのです。そのパスの選択肢を作るためのドリブルなので、ドリブルが主体でプレイしている訳ではないのです。
 
 
 
 
 
だから、ドルトムントのファンタスティック4のような、ワンタッチでテンポ良く回すプレイに合致しているのです。
 
 
 
 
 
だから、同じ10番とはいえど、タイプが違うのです。
 
 
 
 
 
 
では、香川と清武はどちらが優秀な10番なのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
私は一つの持論があります。
 
 
 
 
引いた相手には清武前屈みに攻める相手には香川が有効な10番であるという持論です。
 
 
 
 
 
清武はリズムを作ることによって、相手を揺さぶり、隙があれば攻撃のスイッチを入れます。
 
 
 
 
アフガニスタン戦での、1点目の岡崎のアシストをしたシーンが象徴的なプレイです。
その他、引いた相手を崩すパスを随所に送った清武はアフガニスタンを見事に崩した立役者なのです。
 
 
 
 
一方、サッカーで相手が前屈みに攻める展開が予想される試合では、香川が有効であると思います。
 
 
 
 
香川はワンタッチのプレイで相手を崩すので、相手の守備陣が整うよりも早く攻撃を2手3手進める事が出来るのです。
 
 
 
 
2013年のコンフェデ杯でのイタリア戦などが良い例だと思います。
 
 
 
 
従って、香川と清武は、どちらが優秀な10番かという議論は意味をなさないのです。なぜならば、前述したようにタイプが違う選手だからです。
 
 
 
 
 
なので、香川と清武は状況や相手によって使い分けるのが良いのではないかと思います。
 
 
 
引いて守る相手には清武前屈みに攻める相手には香川という使い分けをする事で、どちらにもゲームのリズムによって相手を崩す事が出来るのではないかと思います。
 
 
 
 
たまたま読んだニュースに対する私のちょっとした意見ですが、忘れないようにこの備忘録に記したいと思います。
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。
 
 
 
 
広告を非表示にする