読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

聖歌529番

デュナミスの意見書 デュナミスの意見書-聖歌

こんにちは。

 

デュナミスです。

 
 
最近フォークギターを買いました!!
 
 
ギターは下手の横好きレベルですが、コード弾きなどで個人的に楽しんでいます。
 
 
 
そんな私の弾き語りオススメ曲第一弾!!!
(第何弾まで続くかは不明&不定期企画)
 
 
 
 
 
 
日本聖公会聖歌集第529番
 
 
 
 
 
 
知るかよ!!!ってレベルの人がほとんどだと思います。
 
 
私は高校の部活の影響で知りました。
 
 
高校の部活はアコライトという、キリスト教の礼拝(れいはい、「らいはい」は仏教的な呼びです)の中で司祭(牧師だと思ってくれれば良い)のサポートをする部活です。
 
 
 
日曜日に行われる聖餐式での奉仕や、学校の工事やイベントの礼拝での奉仕がメインの活動でした。
 
 
その中で、ミーティングの時に、顧問の先生であるチャプレン(学校や病院の中の教会の牧師)が、次の行事で歌う聖歌をピアノで弾いていました。(そのチャプレンはピアノを弾くのが趣味みたいな感じです。)
 
 
その光景を見ていたアコライト部員たちにチャプレンが言いました。
 
 
 
 
チャプレン:「次の礼拝で歌うこの曲なんだけど、凄く月9の主題歌っぽい曲なんだよね。」
 
 
 
 
と言って、私たちの前でピアノで弾いてくれました。
 
 
 
それが聖歌529番です。
 
 
 
新約聖書の中で、死んでいた(?)少女を見て、イエスは「この子は死んでいない。」と言ったので、人々はイエスを嘲ったが、イエスが「タリタクム(少女よ、起きなさいという意味)」と言ったら、少女が起きたという話をモチーフに歌詞が書かれている曲です。
 
 
イエスに癒しを求める内容になっています。
 
 
 
この曲はハ長調で、コード進行は基本的にC→D→Bm→Emが主になっています。
 
 
 
このコード進行は、月9の主題歌含め多くの曲が使っている王道的な進行です。
 
(ちなみに、ラブライブ!の名曲「START:DASH‼︎」もこのコード進行を軸にしています。印象は大きく違いますが…)
 
 
 
だから、ギターで弾き語るのも簡単です。Bmだけ難しいけど、これさえ出来れば、あとは本当に簡単です。
 
 
 
3拍子なので、リズムを掴むのは最初慣れないかもしれないです。
 
 
実際、私も最初は3拍子に慣れるまで苦労しました(経験者は語る)。
 
 
 
 
家に帰って、この曲のコードをギターで弾いて、自己満足していた思い出があるので、思い出補正が掛かって、私の中で一番印象深い曲が聖歌529番です。
 
 
 
それから、大学に入って、オーガニストギルド(大学の教会にあるオルガンを弾いて礼拝奉仕するサークル)の部員の方と話す機会がありました。
 
 
 
その時に、529番の印象を語り合いました。私が月9っぽい曲だと思うと言うと、その方は、あんまりそうは思わなかったと言われました。(´Д` )
 
 
しかし、凄くJ-POPっぽいという意見は共感してくれました。
 
 
 
大学に入ってから、礼拝やオーガニストギルドのコンサートなどでこの曲を耳にすることが増えました。
 
(529番はオーガニストギルドのオーディションで使用される事が多いそうです。)
 
 
 
 
 
そのため、私が529番を耳にする事が高校の頃に比べて多くなりました。
 
何回も聴くたびにこの曲の良さを実感し、また、高校の頃の思い出を思い出し、独りで感動しています。
 
 
 
ちょっとマイナーな楽曲ですが、みなさんにも好き嫌いは別にして(宗教や信条も抜きにして)一度は聴いて欲しいなぁと思っている曲なので、僭越ながら紹介させて頂きました。
 
 
 
高校の頃の思い出が詰まった一曲なので、そんなことも忘れないようにこの備忘録に記したいと思います。
 
 
 
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする