読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

微熱からMystery

 こんにちは。

 
デュナミスです。
 
 
 
μ'sのファイナルライブも記憶に新しい時に、私の弾き語りオススメ曲第二弾を紹介したいと思います。
 
 
 
イムリーな話題という事で、ラブライブ!から一曲、「微熱からMystery」です。
 
 
 
この曲は、聞いた瞬間に'80年代を思い出させる一曲という評価が多い曲です。
 
 
 
私は、大体同様に思いますが、一部否定したいと思います。
 
 
 
確かに'80年代を思い出させる事に変わりはないのですが、録音は近年に行われており、サウンドのアレンジも近年の技術を駆使しているので、一概に'80sと呼ぶのではなく、'80s風というか、'80sと'10sの融合といいますか、ハイブリッドという感じですね。
 
 
 
この曲は、メロディラインが非常に美しいという風に私は感じました。
 
 
 
 
流れるような感じですかね。私は音楽理論は猿以下のレベルですので、詳しく語るにも語れないのですが、音の繋がりが流れる川のような美しさがあると感じました。
 
 
 
 
メロディラインが非常に美しいので、私が好き勝手にアレンジを加えても、良い雰囲気に聞こえてしまう曲です。
 
 
 
 
例えば、フォークギター一本で、コード弾きのアルペジオを用いるだけで、ノスタルジックな雰囲気になります。
 
 
 
 
しかも、この曲は、カポタストを1フレット目にはめる事によって、格段に難易度が下がります。初心者🔰には優しい仕様ですね。♡
 
 
 
 
もちろん、原曲のようにエレキギターでイントロフレーズを弾いて、ジャカジャカ掻き鳴らしても、元気が出るような楽しい雰囲気になります。
 
 
 
 
ここまでアレンジのし甲斐がある曲は珍しいですね。これも、メロディが美しいから出来る強みです。
 
 
 
ちなみに、私は'80s風の曲は好きです。非常に多くの影響を受けていると思います。
 
 
 
 
僭越ながら、みなさんにもこの曲のよさを感じて頂きたいと思ったので、記事を書かせて頂きました。
 
 
 
 
このような曲に出会えた事を忘れないようにこの備忘録に記したいと思います。
 
 
 
 
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする