読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

Air Village 3rdライブレポ

こんにちは。

 

 

授業が始まって悲しい思いをしているデュナミスです。

 

 

唐突ですが、デュナミスの大学の友人がバンドをやっています。

 

 

そのバンドがAir Villageという名前で活動しています。

 

f:id:Dunamis4:20160927024431j:image

↑ちょっと前のバンドのロゴ。デュナミスはこれが好きです。

 

 

今回はそのAir Villageの3回目のライブにデュナミスは観客として参戦させていただきましたので、そのレポを書きたいと思います。

 

 

大学生でバンドを組んでライブで演奏するなんて憧れですよね。

 

羨ましいです。

 

 

 

-Air Villageの紹介-

 

まず、Air Villageなんて知っている人は少ないでしょうから、そのバンドを紹介したいと思います。

 

 

基本情報としては、メンバーが4人のバンドです。

 

 

このブログを公開した時でだいたい結成してから1年ちょいですね。

 

Air Villageの公式HPはこれになります。

airvillage.jimdo.com

 

 

 

-メンバー紹介-

 

メンバーの個別紹介です。

 


飯村斗真(Vo & Key)

f:id:Dunamis4:20160927024445j:image

 

こう見えて東京音大作芸生です。

 

 

普段からテンションは高めで目立ちたがりで、歌の上手さとピアノの上手さがピカイチです。

 

 

専門がクラシックの作曲だそうですが、ポップスの作曲もお手の物で、Air Villageの曲も作っています。

 

 

趣味は水族館巡りで、学校帰りに学校の近くにあるサンシャイン水族館によく行くそうです。

 

 

あとは、その趣味が転じて、自宅ににカエルのラヴェルくんを飼い始めたそうです。

 

f:id:Dunamis4:20160927024525j:image

ラヴェルくん

 

ラヴェルくんは徐々に太っていますが、斗真くんは太りにくい体質だそうで…

 

羨ましいです……

 

ちなみに、一番好きなポケモンブースターだそうです。

 

デュナミスは昔斗真くんとちょっと喧嘩した時に反省の意を込めてブースターのぬいぐるみを渡したら喜んでくれました。

 

 

 


大河(Ba & Cho)

f:id:Dunamis4:20160927024502j:image

 

レフティベーシストの大河くん。

 

立教社社(しゃかしゃか)だそうです。

 

 

The Beatlesポール・マッカートニーをこよなく愛しています。

 

 

「憧れのポールと同じレフティベーシストという肩書きで嬉しいんじゃないの?」と聞いたら、「それに、けいおん!の秋元澪とも同じなんだよ!!!」と返す、生粋のオタクでもあります。

 

 

Air Villageではベースを担当していますが、ギターやキーボードも弾けるマルチプレーヤーで、作曲もこなしています。

 

 

Air Villageの中でも曲を作っています。

 

彼の作る曲はやっぱりロック色が入っています。

 

ロックが好きだと伝わってきますね。

 

 

ちなみに、ラブライブ!凛ちゃん推しだそうです。

 

 

ラーメンが好きという共通趣味がある!」と言い張ってました。

 

 

あと、今回のライブの行われた9/26は大河の誕生日だそうです!

 

 

いろんな人に祝福されていました!

 

 

 

 


翔之助(Gt)

f:id:Dunamis4:20160927024509j:image

 

立教教育だそうです。

 

ギターテクは本当に凄い!

 

あとは、何をしてもキレない、大仏みたいな心を持っているお方です。

 

いつも微笑んでいます。

 

微笑みの神様です。

 

彼が微笑むだけで、デュナミスの悩みなんてまるでなかったかのように消え去って行きます。

 

 

あと、学業優秀完璧超人です。

 

 

最近はBABY METALのライブに参戦し、「めっちゃよかった!」と興奮していました。

 

多分オタクになったんじゃなくて、ただメタルミュージックが好きなだけって感じですね。

 

 

 

 

イガ吉(Gt)

f:id:Dunamis4:20160927024517j:image

 

謎多き人物。

 

おそらく人物であろう。

 

 

全てが謎に包まれており、公開されている情報は、イガ吉という名前とギターが弾けるという事実のみ。

 

 

ゴールデンボンバーで言うところの樽美酒研二みたいなマスコット枠。

 

 

でも、ちゃんとギターは弾いています。

 

 

 

あと、今回のライブにはドラムのサポートメンバーとして、やまみーという東京音大ドラム科の方が入っていました。

 

 

 

 

-ライブ当日-

 

立川BABELという、立川駅から徒歩3分くらいのところにあるライブハウスで行われました。

 

f:id:Dunamis4:20160927095901j:image

↑ライブハウスの看板の様子。

 

 

当日は5組のバンドが出演し、Air Villageは4番目です。

 

 

ライブは19:00から始まり、22:00頃に終わりました。

 

 

Air Villageは20:45スタートでした。

 

 

なので、デュナミスは20:30頃に会場に着きました。

 

 

会場について、受付を済ましたら、ライブを聴いていた大河のお父さんと会いました。

 

 

大河のお父さんもバンドマンで、音楽が趣味なので、早くからライブに参戦していたそうです。

 

 

そうしたら、大河父から

 

 

大河父:「関係者っぽく楽屋にしれっと入って、このカメラで楽屋の様子を撮って来てくれない?」

 

デュナミス:「いいっすよ!!!」

 

 

という流れになり、デュナミスは楽屋にしれっと乱入しました!

 

 

そこには準備中のAir Villageメンバーが本番直前の緊張の面持ちで控えていました。

 

 

もちろん、Air Village以外の方やその人たちのお荷物などで楽屋がごった返しており、楽屋は大混雑!!

 

 

そんな中でもなんとかAir Villageの様子をカメラに収めました。

 

 

大河:「デュナミスはどうせ父さんに言われて来てるんでしょ?」

 

デュナミス:「うん、そうだよ!(開き直り)

 

 

だいたい父親の行動って読めるんですね。

 

さすが親子!!!

 

 

そして、カメラを大河父に返却し、いざ会場に入りました。

 

 

会場では、既に参戦しているデュナミスの知人たちと合流しました。

 

 

そして、ステージの幕が上がり、Air Villageの演奏がスタートしました。

 

 

 

 

-演奏中-

 

まず、幕が上がったと同時に1曲目の「cycler's song」が始まりました。

 

 

やまみーのカウントで全てが惹きつけられました。

 

さすが音大ドラム科です!!!

 

会場の雰囲気を音1つで変える巧さがあります!!!

 

 

そして、イガ吉のギターイントロで始まりました。

 

この曲は作詞作曲大河の曲で、ギターサウンドが全面に押し出された8ビートのロックな曲です。

 

 

その上に斗真のハイトーンボイスが乗っかって、王道ロックにスパイスをかけます。

 

 

そして、間髪を容れず2曲目に。

 

2曲目は、「ダンスホールインザリフ

 

これも大河作詞作曲の曲です。

 

 

ロックでありながら、踊りたくなるような軽快なリズムが特徴的ですね。

 

 

この曲ではリードギターが翔之助となり、翔之助のきめ細やかなプレイングが映える1曲ですね。

 

 

ドラムのやまみーもそれに合わせた鮮やかなドラムテクを披露!!

 

f:id:Dunamis4:20160927024556j:image

↑「ダンスホールインザリフ」演奏中の様子

 

 


そして曲が終わり、MCへ。

 

斗真はもうすでに汗びっしょり……

 

 

斗真:「2曲やっただけで疲れて汗びっしょりなんですよね」

 

デュナミス:「体力ないぞ!!!

 

観客達:「頑張れ!!

 

斗真:「ありがとうございます……」

 

 

とMCを盛り上げるのに一役買いましたよ。どやっ。

 

 

 

斗真が一通りMCをしたところで3曲目へ。

 

3曲目は「薔薇

 

斗真作詞作曲をした曲です。

 

 

ミディアムテンポで、斗真のキーボードが映える1曲となっています。

 

 

雰囲気は米津玄師のアイネクライネに似ています。

 

 

斗真本人はそんなに米津玄師は聴いていないと言っていますが……

 

 

リードギターのイガ吉も「薔薇」を鮮やかに彩るプレイングでした。

 

 

大河のベースも下地を支えつつ、主張していく感じのベースがかっこいい曲でもあります。

 

 

この曲について、「斗真が曲を作るとベースって下支えというよりももう1つのメロディラインみたいな感じになるんだよね……だから、弾くのが大変なんだけど……」と大河が昔言っていました。

 

 

 

そして、ここで、メンバー紹介をしました。

 

メンバー紹介の途中、大河の前にはコーラス用のマイクがあるので、斗真が喋ることを振りました。

 

 

斗真:「大河、なんか喋りなよ。」

 

大河:「えっ?あっ…そのぉ……」

 

デュナミス:「きょどってんじゃねえよ!

 

会場:www

 

ちょいちょいチャチャを入れていくスタイルのデュナミス。

 

 

まあ、大河くんは人前で話すといつもこうなりますからね。

 

 

そして、メンバー紹介が終わると

 

斗真:「次が最後の曲になります!

 

会場:「えーーーー???

 

というどのライブでもお決まりのコール。

 

 

そして、4曲目の「夢語り」へ。

 

この曲も斗真作詞作曲の曲です。

 

相変わらずベースが難しいようで……

 

 

アップテンポでポップですが、ギターも負けず劣らずに主張していく1曲です。

 

 

まあ、斗真くんらしいっちゃ斗真くんらしいですね。

 

 

翔之助くんのリードギターも大胆かつ繊細なプレイングをしていました。

 

 

 

そして、Air Villageのライブは終了しました。

 

 

一緒にライブを観ていた知人は感動したそうで、「めっちゃ凄い!!!」って連呼していました。

 

 

 

 

 

-演奏終了後-


その後、会場にAir Villageのメンバーが来て、物販を行なっていました。

 

f:id:Dunamis4:20160927100031j:image

↑物販に座る翔之助。

 

 

1枚100円でCDを手売りしていました。

 

(物販はライブ前も行っていましたよ。デュナミスが顔を出していないだけです。)

 

 

そして、いろいろ話しているうちに次のライブへ。

 

次のライブは昭和歌謡っぽいバンドでした。

 

デュナミスは好きです。こういうジャンル。

 

 

そうこうしているうちにライブは終わり、デュナミスはAir Villageのメンバーと別れ、一緒にライブに参戦した知人と一緒に帰宅しました。

 

 

 

 

-後語り-

 

ライブハウスでのバンド演奏を聴いたのが久々でしたが、迫力があっていいですね。

 

 

しかも、演奏しているのがデュナミスの友人だなんて……!

 

 

聴いていて楽しかったです。

 

 

あと、友人の晴れ舞台を観ていると、自分も頑張らなければと思います。

 

 

自分もステージで演奏したいと思うようになり、すごく触発されます。

 

 

まあ、そんなことはできないんですけどね……

 

 

友達が頑張っているのに自分が頑張っていないとなると、すごく悔しく思ってしまうんですよね。

 

 

Air Villageのみなさん!本当にライブお疲れ様でした!

 

 

 

あと、10/17(月)Air Village4thライブが渋谷にてあるそうなので、お時間のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?という宣伝付きです。

 

 

 

このような経験があることで、自分が頑張ることができるので、これを忘れないようにこの備忘録に記したいと思います。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

-追記-

 

ちなみに、大河のブログにて、大河視点からこのライブのことを記した記事が公開されたので、合わせて読んでもらうと面白いです。

 

バースデーライブ - Forgettable sky

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする