読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュナミスの備忘録

忘れっぽいデュナミスが忘れないように記しているという裏設定があります。ここでの内容は私個人の意見・見解です。

北総弾丸ツアー

デュナミスの旅行記 デュナミスの旅行記-博物館

こんにちは。

 

 

大学生の春(休み)は長い、デュナミスです。

 

 

お久しぶりです。

 

 

新年明けましておめでとうございます。(大遅刻)

 

まあ、誰が正月に言えって言ったんですか?

 

旧正月でもいいじゃないですか。(それでも遅い)

 

まあ、今回は正月ネタではないのでこの辺で本題に行きましょう。

 

 

今回の旅は、デュナミスのブログに度々登場してくださってる知人の思いつきで敢行された北総弾丸ツアー(レンタカー)の思い出を書いて行きます。

 

 

旅の目的は、レンタカーですね。はい。

 

は?って思われた方はブラウザバック推奨です。

 

 

 

 

 

-2/5当日-

-渋谷を出発!-

朝7:30に渋谷に集合して、車を借りに行きました。

 

今回お借りした車はこちら。デデドン⤵︎

 

f:id:Dunamis4:20170220220143j:image

 

右の黒い車です。


メルセデスベンツ社のAMGです。

 

Ah My God!!()

 

メルセデスベンツでお気づきの方もいらっしゃいます通り、大洗の聖地巡礼の時にお世話になりました渋谷セルリアンタワーのカレコさんから今回もお借りしました。

 

f:id:Dunamis4:20170220220500j:image

 

ベンツ好きやね。

 

まあ、乗ってみたら、これがまたいいんですよ。(語彙力)

 

↓車内の様子

f:id:Dunamis4:20170220220602j:image

 

↓ドアで見えなくなる部分にさりげなく「AMG」の文字が!

f:id:Dunamis4:20170220220627j:image

 

↓メーターは相変わらずおしゃれですね。320kmなんて誰が出すんだよ?

f:id:Dunamis4:20170220220638j:image

 

デュナミスは、運転下手なのでずっと助手席ですけどね。

 

↓座ったら、「二度とお前を話さんぞ!」と言わんばかりにケツを捕まえてくる心地の良い椅子。 f:id:Dunamis4:20170220220757j:image

 

唸るエンジン音。(クソデカボイス)

 

これには車好きの知人もエンジン音みたいに唸っていました。

 

この車、運転モード?みたいなのが何種類かあって、Confortは快適で落ち着いた走りを見せてくれるんですけど、Sportsはエンジン音が大きくなり、パワーが強くなります。

 

そして、Raceはお察しの通り、エンジン音が荒ぶり、暴れ馬のような強さが出ます。

 

ConfortとRaceで全く逆のような性格を見せてくれるAMGツンデレなのかな?惚れちゃいますねぇ……

 

ちなみに、知人の唸りはずっとRaceモードでした。()

 

音楽をセットし、とりあえず行きはポルノグラフィティ縛りということで。

 

今回のAMGはカーオーディオがお高いもので、通常プランではなく、課金セットなので、音質がむちゃくちゃ良いんです。(なおエンジン音が煩くて音質の良さが掻き消されていました。)

 

AMG:「大声を出して音楽を掻き消すナリィ!!ブウウウンブウウウウ……」

 

 

とりあえず、目的地を犬吠埼に設定しました。

 

前日に3つのドライブ候補を上げて、白熱した議論()の末に犬吠埼になりました。

 

 

すると、ナビが都心を横断するルートを選択してきたので、その通りに進みました。

 

皇居周辺、官庁街を抜け、銀座松坂屋前を通り、サラリーマンの聖地である新橋を抜けて、最近リニューアルされた歌舞伎座を横目に築地市場を眺めながら進むと、ドライブなのでちょっと寄り道してお台場へ。

 

そして、現在話題の豊洲新市場を抜けて、ゲートブリッジへ。

 

雲1つない快晴に恵まれ、朝の日差しに照らされながら海風を浴び、最高の環境の中でゲートブリッジをAMGが駆け抜けていきます!!

 

BGMはポルノグラフィティの「リビドー

 

アップテンポな'90sの曲はこういう気持ち良いドライブに見事にマッチします!!

 

その後、コンビニで途中休憩……

f:id:Dunamis4:20170220220845j:image

 

 

そして、車の汚れを落とすために近くのガソリンスタンドで洗車し、いざ犬吠埼へ!!

 

↓洗車後のAMG

f:id:Dunamis4:20170220220902j:image

 

 

湾岸線の倉庫群を横目に通り過ぎ、夢の国もこの日は他人の夢と化し、ネズミが人間を弄んでいるのを想像しつつ千葉市街に向けて走っていました。

 

この時、知人が違和感のある車を発見しました。

 

目の前にフェラーリのロゴが付いてる車がありました。

 

しかし、ロゴが付いているのは、フェラーリ社の車ではなく、スズキ社のeveryだったのです!!

 

everyはフェラーリ社だったのかぁ…(困惑)

 

そして、フェラーリのeveryと一緒に走って千葉市街へ。

 

↓千葉駅の駅前を抜けたら、千葉都市モノレールの線路が上空に見えました!!

f:id:Dunamis4:20170220220919j:image

 

カッコイイ!!(小並感)

 

千葉都市モノレールは、懸垂型モノレールとしては世界一の長さで、営業距離15.3kmだそうです。

 

千葉都市モノレール(参考資料)(参考資料並みの感想)

f:id:Dunamis4:20170220232250j:image

 

懸垂型というのは、線路からぶら下がってるタイプのモノレールで、上野動物園のモノレールと同じタイプのモノレールです。

 

 

そして、千葉市街を抜けたらひたすら田舎道を走っていきます。

 

土埃が舞っていたり、旧道なので、道が狭くてくねっているような感じですね。

 

Sportsモードで走っていたら、速度は出していないのにめちゃくちゃ速そうに走るエンジン音が鳴っています。

 

単純にエンジン音が大きい。

 

 

 

 

-犬吠観光-

なんやかんやありまして、犬吠駅に到着しました。

 

f:id:Dunamis4:20170220220933j:image

 

ここまでの所要時間5時間……

 

なんで??

 

途中洗車とか休憩とかしたけど、まさかこんなに時間がかかるとは思っていませんでした。

 

犬吠駅では電車の時刻が合わず、銚子電鉄を拝むことはできませんでしたが、銚子電鉄名物のぬれ煎餅出来立てアツアツホヤホヤで頂くことができました。

 

犬吠駅構内

f:id:Dunamis4:20170220220952j:image

 

ぬれ煎餅食ってやったぜ。

f:id:Dunamis4:20170220221002j:image

 

銚子電鉄とぬれ煎餅の関わりには感動の物語がありますが、旅行と関係ないので割愛で。

 

 

そして、犬吠駅を後にして犬吠埼に行きました。

 

犬吠埼に着いたら、残念なことに雨が降り出し、傘をさしながら海岸へ。

 

海岸では犬吠埼灯台と海が同時に見られる絶景スポット(のはず)

 

VOXYの男旅のCMにありそうな感じでAMG灯台と写っています。

 

f:id:Dunamis4:20170220221029j:image

 

そして、海岸で海を間近で眺め、大洗の時と同じように、少しの間海に想いを馳せ、渡辺憲司元校長のお話を思い出していました。

 

渡辺憲司元校長の言葉の重みに今更気付かされます。

 

風が強かったこともあり、波が荒ぶっていたので、海の荒れてる一面を眺めながら、東日本大地震で脅威を振るった津波はこんなものじゃなく、多くの命を奪ったんだと考えると、海の無言の強さと人間の儚さを感じます。

 

すごーい!君は海の前で真剣に考えることができるフレンズなんだね!()

 

 

まあ、雨も強いので、そんなに長居できるわけもなく、次の目的地へ。

 

音楽は、ポルノグラフィティをやめ、いろんなアーティストのシャッフルをかけました。

 

とりあえず最初にGReeeeNの「weeeek」が流れてきて、「明日っからまた日月火〜ほら水木回って金曜……」って流れてくるので、せっかくの休日なのに平日を思い出させないでくれ〜!!(泣)って感じでした。

 

次の目的地は伊能忠敬記念館です。

 

佐原にあるので、利根川沿いに進んで行きます。

 

まずは、利根川を渡って茨城県へ。

 

さすがは一級河川というだけあります。下流が広い!

 

そして、利根川の川に沿って上流に向かって進みます。

 

しばらくすると、利根川の中にある中洲を通る道に入りました。

 

中洲の道なので、利根川を横に、田んぼや畑の中を走って行きました。

 

そして、音楽がサザンオールスターズの「希望の轍」に。

 

「夢を〜乗せて〜走る〜車道〜」っていう感じがぴったり(なお横は海ではなく)で、知人の好きな曲でもあり、車の中で自然と大合唱(なお2人)が始まっていました。

 

 

 

-伊能忠敬記念館-

しばらくして、伊能忠敬記念館に着きました。

 

とりあえず、遅めの昼ごはんを食べることとなり、知人が高校生の頃に来た思い出のお店へ。

 

ここで食べたカツ丼が思い出の味ということで、それを思い出すために食べに行きました。

 

個人経営の昔ながらの雰囲気のお店で、地元密着型といいますか、地元の人との関わりを大事にしているんだなぁと思いました。

 

↓知人の思い出の店「おけまつ」さん

f:id:Dunamis4:20170220221106j:image

 

 

↓そして、ちょっと贅沢をして、カツ丼の上を注文しました!

f:id:Dunamis4:20170220221119j:image

 

卵が蕩けていて、トンカツとの相性も最高です!

 

トンカツも分厚く、非常に食べ応えもあります!!

 

一杯食べてお腹がいっぱいになりました。(←寒いオヤジギャグやめろ)

 

 

お店を後にし、周囲を散策していると、昔ながらの風景を残している場所を発見!

 

f:id:Dunamis4:20170220221249j:image

 

街並みが綺麗です!!

 

 

↓そして、伊能忠敬記念館へ。

f:id:Dunamis4:20170220221137j:image

 

館内は撮影禁止だったので、思い出話だけでお楽しみください。

 

館内では、正確な日本地図を歩いて作ったことで有名な伊能忠敬年表功績地図などを展示していました。

 

伊能忠敬が江戸に出る前は佐原の有力な商人で、伊能家の財政を立て直し、発展させた超優秀経営者だったという側面は驚きです。

 

また、測量の方法をわかりやすく解説し、子どもにもわかるような噛み砕いた表現の解説文やクイズもありました。

 

実は、伊能忠敬の作った地図は緯度は正確なのだけど、経度を正確に測る技術が確立しておらず、経度がずれているという欠点があることは初めて知りました。

 

これは、現在の地図と重ねて展示しているものではっきりとわかります。

 

ただ、もちろん緯度や地形の正確さは現在の地図と言われても謙遜ないくらいのレベルです。

 

もうちょっと池袋に近かったら、さゆり会で行ったのになぁ……って思うくらいわかりやすいです。

 

そして、地図の歴史も展示してあり、地図のことが楽しく思える良い博物館でした。

 

 

 

 

-成田観光-

そして、伊能忠敬記念館を出発し、成田空港へ向かいます!

 

成田空港では、単純に飛行機が見たいというのと、芝山鉄道芝山千代田駅を見学に行くという目的があります。

 

要するに、†成田空港の闇†を見に行くのか?

 

 

とりあえず、芝山千代田駅へ。

 

芝山千代田駅には、成田空港の地下道を通って行きます。

 

地下道は基本まっすぐなんですけど、一箇所だけ謎のカーブがあって、なんでかな?ってAMGの天井窓を見たら、成田空港から立退かないあの有名な家がありました!

 

社会の教科書に載ってるのはこいつか!!って感じでした。

 

 

そして、芝山千代田駅へ到着!

 

芝山千代田駅AMG

f:id:Dunamis4:20170220221345j:image

 

芝山鉄道日本で1番短い鉄道ということで有名です。

 

だって2駅しかないんだもん!

 

第三セクターで運営されているのですが、作った目的が、成田空港を作ることによって、成田空港を挟んだ地域が行きにくくなるが、それを解消するために作られました。

 

まあでも、1両ごとに警察乗ってるし、駅も芝山千代田駅東成田駅しかないし、正直いらないんじゃないか?とは思いますが……

 

こういう作って終わり!みたいなのってお役所仕事っぽいですね。

 

千葉には日本一長い懸垂型モノレール日本一短い鉄道があるんですね。

 

千葉県ってすげー(棒読み)…

 

 

そして成田空港へ。

 

↓成田空港の中を走るバスがたくさん置いてある場所を発見!!

f:id:Dunamis4:20170220234506j:image

 

↓成田空港では、飛行機を見学しました。

f:id:Dunamis4:20170220221514j:image

 

飛行機が飛び立つ瞬間って不思議だなぁって気持ちとかっこいいなぁという気持ちが混ざりますよね?

 

デュナミスはそう思います。

 

 

↓空港館内も独特な雰囲気があって好きです。

f:id:Dunamis4:20170220221548j:image

 

空港の数字がパタパタする感じの時刻表は見ているだけで興奮します。

 

 

↓なぜかこの日はたまたまマツダCX-5が展示してありました。

f:id:Dunamis4:20170220221626j:image

 

カッコいいなぁ(小並感)

 

 

↓そして、空港を後にして、夜ご飯を食べにイオンモール成田へ。

f:id:Dunamis4:20170220222244j:image

 

地域のショッピングセンターは何か無性に楽しくなります。

 

とりあえず、ちょっと太鼓の達人でもしようぜ!という知人の提案により、ゲームセンターへ。

 

そしたら、我々ラブライバーは無意識のうちに太鼓の達人じゃなくてスクフェスアーケードを叩いていました。

 

スクフェスアーケードをシャンシャンするデュナミス with エリーチカ

f:id:Dunamis4:20170220221651j:image

 

まあ、2人とも初体験だったり2回目だったりと未経験の部類なので、スコアもめっちゃ低かったんですけどね。楽しかったらそれでいいという精神。

 

 

そして、夜ご飯は紅虎餃子房で食べました。

 

↓デュナミスは醤油ラーメンを食べました。

f:id:Dunamis4:20170220221715j:image

 

 

↓知人は坦々麺を食べていました。

f:id:Dunamis4:20170220221723j:image

 

大学の先生で、チェーンの飲食店を研究している先生イチオシのお店が紅虎餃子房だそうです。

 

すごーい!()

 

 

 

 

-そして渋谷へ-

イオンモール成田を後にして、車を返却しに渋谷へ向かいました。

 

その道中、ナビ通りに帰ったら遠回りじゃないか?と判断した知人はグーグルマップを開いたのですが、グーグルマップ先生がご乱心のご様子で、むちゃくちゃ狭い路地を案内してきました。

 

近道なのか?という疑問を持ちながら進んでいましたね。

 

 

そして、しばらく進んでいると、急に広くて車が流れている道に出ました!

 

なんとそこは千葉ニュータウンの中心を通る道だったのです!

 

千葉ニュータウンに関心がある知人が大興奮!!

 

千葉ニュータウンの中心をAMGで快走していきます!!〜北総鉄道を添えて〜

 

 

そして、船橋の中心街を抜けて湾岸線に出て、都心に向かいました。

 

湾岸線の辺りから都心に入ると少しづつビルが増え、都会の喧騒がしてきます。

 

その中をfripSideの曲を流しながら走っていきます!!

 

only my railgun」「Two souls -toward the truth-」「magicaride -version2016-」等々、AMGの高音質でベース音をガンガン鳴らしながら、ユーロビートを聴いていると、都会を走るAMGとはぴったりとハマります!

 

ヤバい(語彙力)

 

↓ライトアップされた歌舞伎座

f:id:Dunamis4:20170220221845j:image

 

夜の歌舞伎座はカッコいいですね!

 

伝統と現代のコラボレーションって感じです!

 

改めて、法定速度付近で走ってるのに音がうるさいAMGって何者?

 

そして、都心の中心部をAMGが爆音を鳴らしつつ走り抜けて、無事、セルリアンタワーへ到着しました。

 

AMGを返却し、大洗の時にお世話になったベンツにもご挨拶をして、その日は解散しました。

 

f:id:Dunamis4:20170220222104j:image

↑車の上から手を出してピース!

 

こんなアホみたいな行為もAMGならできます()

 

 

本日の走行距離は?

f:id:Dunamis4:20170220222009j:image

 

出ました!309.2km!

 

たくさん走りました!!お疲れ様でした!!

 

 

↓渋谷駅に向かって歩いている時に、銀座線の線路が上に見えました。

f:id:Dunamis4:20170220221831j:image

 

この線路が見れるのは今のうちで、近いうちに銀座線の渋谷駅が移動し、これがなくなってしまいます。

 

みなさんは、地下鉄の線路が地上高いところを走ってるって不思議じゃありませんか?

 

これは、渋谷が谷の構造をしているのに、地下鉄銀座線を律儀にまっすぐ作っていたら、谷の途中から突き出てしまったということを表しています。

 

つまり、この線路が渋谷が本当に谷であることをわかりやすく可視化してくれていたのです。

 

しかし、これが移ってしまうと、渋谷で地形を感じにくくなってしまいます。

 

だから、そのままで良いのになぁと考えていました。

 

 

都会の中にある昔ながらの物がまた1つ消えていくような虚しさが、都会の喧騒と共に掻き消されて行きました。

 

 

 

 

-終わりに-

♪思いつきでいいんだ追いかけて、心踊る場所を探そう〜(「僕らのLIVE 君とのLIFE」より)

 

思いつきの旅も楽しいものですね。

 

思いついて、旅をして、自分の知らない新たな場所を見て、新たな体験をして、心が踊ることで自分の経験の蓄えになっていくんだなぁって感じます。

 

最初は天気が良かったんですが、途中雨が降り、最終的に曇りで、あまりよい写真が撮れる旅ではなかったというのが心残りだったので、天気が良い日にまた行きたいですね。

 

 

こういう思い出も良い思い出だったので、忘れないようにこの備忘録に記したいと思います。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

広告を非表示にする